イトオテルミー

イトオテルミー

 

自然治癒力を最大限に引き出す、温熱刺激療法です。

 

からだにぬくもりと刺激を与えることで、自然治癒力に働きかけ、病気の予防、疲労回復、健康増進を図る温熱刺激療法です。

使い方は、冷温器の内管にテルミー線を装着し、テルミー線を点火して外管に挿入します。

冷温器2本を1セットにして体表を摩擦します。

 

効果、効能

疲労回復、血行をよくする、筋肉のこりをほぐす、筋肉の疲れをとる、神経痛筋肉痛の痛みの緩解、胃腸の働きを活発にする。

 

特徴

テルミーのぬくもりは、優しくおだやかです。

こどもからお年寄りまで、家庭で簡単にかけ合いができ、自分自身でもかけられます。

副作用がなく、医薬品との併用も差し支えありません。

 

由来と沿革

イトオテルミー療法は伊藤金逸医学博士が1929年(昭和4年)に発明した約80年の歴史を持つ民間療法です。

伊藤金逸博士は京都府立医学専門学校(現、京都府立医科大学)を卒業後、東京帝国大学精神医学教室に入局し、約20年に渡る研究、実験を経て、イトオテルミー療法を発明しました。

イトオテルミーの「イトオ」は伊藤金逸博士の姓を由来に持ち、また「テルミー」はギリャ語で「温熱を利用した療法」を意味しています。