潜在意識のリーディングは、自分に経験が無い状態でもできるかどうかを教えてくれます。

毎回施術する前に必ずクライアントの潜在意識にコンタクトして施術プランを決定します。

これが一番早くクライアントの要求に応えることができます。

次の話は潜在意識のリーディングで施術して自分自身が驚きました。

 

桑名の中学生のクライアントの方ですが、スポーツをしているので腰、肩などの故障で時折りみえるのですがある時、親御さんが「先生、この子片目が弱視でどんなにメガネで矯正しても視えないけど良くなりますか?・・・」さすがに経験が無いので正直よくなるかどうかは判りませんがとりあえず潜在意識に聞いてみましょう・・・・・・そこでクライアントの潜在意識(右脳)にアクセスして原因を調べていると頚椎の2・3番がずれているのが判り、潜在意識にいつ頃からと質問すると、小学校4年生の時に首にダメージを受けてそれから・・・との答えが返ってきて本人と親御さんの了解を得て施術を行いました。結果、矯正しても視えなかった弱視がその場で1.2まで視えるようになりました。

Follow me!

-潜在意識のリーディング
-